HOME » 今さら聞けない!コラーゲンの美容効果 » 全身のアンチエイジングに!

全身のアンチエイジングに!

コラーゲンを摂取することで、身体全体のアンチエイジング効果が期待できます。人間の体には欠かせないコラーゲンと細胞の関わりについて紹介します。

全身のアンチエイジングに効果があるコラーゲン

コラーゲンは美肌や美髪に効果があるだけでなく、人間の身体のあらゆる臓器の機能を正常に保ち、病気を予防し、健康を維持して体を若い状態に保つというアンチエイジング効果も期待できます。

コラーゲンの全身への効果

コラーゲンには、細胞を結合させて「身体の構造体をつくる」、「体内の輸送部隊」の2つの役割があります。

細胞を結合させる働き

コラーゲンは、体を形作る根本的な働きをしています。タンパク質の一種であるコラーゲンは身体の皮膚、筋肉、内臓、骨、関節、目、髪等全身のあらゆる組織に含まれ、それらの細胞をつなぎとめています。細胞の外側に膜や繊維などの構造体をつくり、細胞と細胞をくっつける糊のような役割をしつつ、細胞を正しい位置に配列させる仕切りの役割も果たしているのです。体内のコラーゲン量は身体全体の約6%、人間の身体の60%は水でできているので相当な量のコラーゲンが存在していることが分かりますね。

体内の輸送体の働き

細胞に酸素や栄養を運んだり、二酸化炭素や老廃物を排出する輸送体としての役割があります。 人間の体は血液の流れに乗って必要な栄養素や酸素が末端の毛細血管を通じて送り込まれますが、毛細血管はひとつひとつの細胞まではつながっていません。そのため、毛細血管の先からは細胞間にあるコラーゲンがまわりの細胞までしっかりと送り込むのです。それとともに、不要な二酸化炭素や老廃物が血液の流れに乗って排出されるようにコラーゲンが手助けし、新陳代謝の働きを担っています。

人間の健康を維持するために欠かせないコラーゲン

人間の細胞はコラーゲンによって守られ、コラーゲンは体のありとあらゆる部分に存在しています。コラーゲンが不足したり老化したりすると細胞も衰えていきますが、体内のコラーゲン合成能力は40代になると20代の半分、60代では3分の1に衰えてしまいます。そのため、コラーゲンを効果的に補給すれば老化予防となりアンチエイジング効果が期待できるのです。

もっと体がよろこぶ!吸収量のよいコラーゲンサプリメント