髪をサラサラに!

コラーゲンを摂取することで、髪の毛も健康に!パサつき、白髪、薄毛まで、髪の毛に及ぼす好影響について紹介します。

コラーゲンって髪にもいいの?

コラーゲンといえば美肌効果を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?実は、サラサラでつやのある髪にしたり、白髪や脱毛を予防したりと、髪にも効果があるんです。最近は美容院でもコラーゲン入りのカラーリングやトリートメントが使用されています。

コラーゲンが髪に良い理由は、髪もコラーゲンもタンパク質であること。また、頭皮も肌の一部なので、コラーゲンで活性化されて発毛を促進したり細胞の枯渇を抑制するからなのです。

頭皮は顔にもつながっているので、顔の小じわやたるみにも効果があります。

パサついた髪や白髪もコラーゲンで復活

白髪や脱毛の原因は、これまで明らかにされていませんでした。しかし、コラーゲンが毛包幹細胞維持に必須であるということや、白髪の原因となる色素幹細胞の枯渇も抑制することが東京医科歯科大学の実験から分かってきました。

また、2008年に発表された毛髪科学研究会の実験によると、20代~50代までの女性に8週間コラーゲンペプチドを5000㎎摂取してもらったところ、髪の毛が太くなったという結果が出ています。 他にもアメリカの研究機関で被験者にコラーゲンを1日14g、2ヶ月間摂取してもらったところ、髪の毛が10%太くなったという実験結果も。このように、様々な実験を通してコラーゲンの髪への効果が実証されています。

薄毛の原因もコラーゲン不足?

コラーゲンは女性だけではなく、男性の薄毛にも効果があるということを東京医科歯科大学が発表しています。17型コラーゲンが少なくなることで髪の毛に必要な幹細胞の分裂が阻害され、不完全な状態の幹細胞はフケとして剥がれ落ち、髪の毛が細く弱ってしまいます。つまり、17型コラーゲンの減少を阻止することで薄毛を防げるということなのです。

紫外線で痛んだ髪にも効果的

紫外線はコラーゲンを破壊するので、たくさん紫外線を浴びた髪はコラーゲン不足となり、髪の毛にダメージを与えます。髪の毛や頭皮は紫外線を受けやすい部位であり、特に髪の毛は皮膚とは異なり自然な回復が見込めません。ダメージを受けてしまった場合は、美容院で髪の毛にたんぱく質を入れてもらうトリートメントを受ける等、しっかりしたケアをする必要があります。日頃からコラーゲンが満たされていれば紫外線から髪を守り、美しい髪をキープできるので、是非意識してみてくださいね。

【口コミあり】髪のハリやコシが甦る!?おすすめのコラーゲンサプリを見る!>>>>

もっと体がよろこぶ!吸収量のよいコラーゲンサプリメント