肌をツヤツヤに!

コラーゲンを摂取することで得られる美容効果はさまざま。その中でも、代表的な効果である肌への影響について紹介します。

コラーゲンの美容効果

お肌のアンチエイジングなどに効果がある成分として、みなさんもよく知っているコラーゲン。サプリだけでなくコラーゲン鍋、コラーゲンゼリーなど、色々な方法で摂取されていますよね。

コラーゲンはもともと身体の中にある成分ですが、具体的にどのような働きがあるものなのでしょうか。

コラーゲンはタンパク質の一種で、表の下にある真皮という部分を構成しています。タンパク質は、皮膚だけでなく血管、骨、臓器に至るまで人間の体を構成していますが、そのタンパク質の約3分の1を占めているのがコラーゲン。お肌のためだけではなく、人間の身体にとってなくてはならない成分です。他のタンパク質と同じように、アミノ酸を原料にして体内で生成されます。

表皮の下にある真皮は約70%がコラーゲンで、真皮内に網目状ネットワークを作って、お肌のハリや弾力をキープしています。皮膚を指で押してへこませても元に戻ったり、引っ張って伸ばしても元に戻るのは、真皮のコラーゲンが弾力性と伸縮性を与えているからなのです。

コラーゲンの肌への影響

お肌にとってたいへん重要な働きをするコラーゲンですが、年齢ともに減少してしまいます。コラーゲンの減少とともに肌の弾力が失われてたるみの原因となり、真皮から表皮への栄養も行き届かなくなるので、肌のターンオーバーが乱れてくすみやシミができやすくなります。コラーゲンが十分にある場合は、お肌にハリや弾力性がありますが、コラーゲンが不足するとたるみやシワの原因になるということなのです。

身体に足りないコラーゲンを摂るのは、サプリメントや食事からという方法が一般的ですが、最近では注射器などでお肌に直接注入する方法もあります。

コラーゲンは分子構造が大きいので、体内に入ったあとそのまま吸収されることはなく、必ず一度アミノ酸に分解されてから必要に応じ再合成されます。そのため、コラーゲンを上手く摂取するには、いかに吸収効率を良くするかということがポイントになります。

もっと体がよろこぶ!吸収量のよいコラーゲンサプリメント