肌をツヤツヤに!

コラーゲンを摂取することで得られる美容効果はさまざま。その中でも、代表的な効果である肌への影響について紹介します。

コラーゲンの美容効果

お肌のアンチエイジングなどに効果がある成分として、みなさんもよく知っているコラーゲン。サプリだけでなくコラーゲン鍋、コラーゲンゼリーなど、色々な方法で摂取されていますよね。

コラーゲンはもともと身体の中にある成分ですが、具体的にどのような働きがあるものなのでしょうか。

コラーゲンはタンパク質の一種で、表の下にある真皮という部分を構成しています。タンパク質は、皮膚だけでなく血管、骨、臓器に至るまで人間の体を構成していますが、そのタンパク質の約3分の1を占めているのがコラーゲン。お肌のためだけではなく、人間の身体にとってなくてはならない成分です。他のタンパク質と同じように、アミノ酸を原料にして体内で生成されます。

表皮の下にある真皮は約70%がコラーゲンで、真皮内に網目状ネットワークを作って、お肌のハリや弾力をキープしています。皮膚を指で押してへこませても元に戻ったり、引っ張って伸ばしても元に戻るのは、真皮のコラーゲンが弾力性と伸縮性を与えているからなのです。

コラーゲンの肌への影響

お肌にとってたいへん重要な働きをするコラーゲンですが、年齢ともに減少してしまいます。コラーゲンの減少とともに肌の弾力が失われてたるみの原因となり、真皮から表皮への栄養も行き届かなくなるので、肌のターンオーバーが乱れてくすみやシミができやすくなります。コラーゲンが十分にある場合は、お肌にハリや弾力性がありますが、コラーゲンが不足するとたるみやシワの原因になるということなのです。

身体に足りないコラーゲンを摂るのは、サプリメントや食事からという方法が一般的ですが、最近では注射器などでお肌に直接注入する方法もあります。

コラーゲンは分子構造が大きいので、体内に入ったあとそのまま吸収されることはなく、必ず一度アミノ酸に分解されてから必要に応じ再合成されます。そのため、コラーゲンを上手く摂取するには、いかに吸収効率を良くするかということがポイントになります。

ニキビへの効果

ニキビにはビタミンCをはじめとする栄養素が効果的と言われていますが、その中の一つにコラーゲンも含まれています。コラーゲンは、人間の体の至るところに存在する物質であり、ビタミンCを元にして生成されています。

肌への効果としては、高い保水力によって皮膚の弾力を保ち、ハリツヤのある肌状態をつくりだします。また、コラーゲンを摂取することによって皮脂の分泌が活性化するため、ニキビができた肌に対してはターンオーバー効果が期待できます。

コラーゲンを摂り過ぎるとかえって皮脂の分泌量が増えてしまうため、ニキビにとっては逆効果になりやすいとされていますが、いつまでたっても治らないニキビに対しては、肌の新陳代謝をアップさせることによりニキビの改善効果が期待できます。

コラーゲンが直接ニキビに影響を与えるというわけではありませんが、ビタミンCと一緒に摂取することにより、肌のコンディションが整うといった効果も期待できます。

なぜニキビに効果があるのか

コラーゲンはもともと、乾燥しやすい肌に水分を溜めこんで、新陳代謝のしやすい状態に整える役割があります。

皮脂が少ない乾燥肌の場合、角質層に含まれている水分が失われやすい状態になっています。

水分が減った角質層は次第に硬くなっていき、毛穴が狭まって、毛穴に皮脂が詰まったまま取れにくい状態になります。このため、皮脂が詰まりを起こしてニキビになり、さらに毛穴が狭いためにニキビが治らないといった状態が発生します。

このような乾燥肌タイプのニキビに対しては、コラーゲンは肌の水分量を増やして乾燥肌を改善し、ニキビができても治りやすい状態へと戻していきます。

10代から20代にかけてのニキビは皮脂の活発な分泌にありますが、20代以降の大人ニキビはターンオーバーが乱れることによるもので、乾燥肌などが関わっている場合が多いものです。そのような場合に、コラーゲンは肌のコンディションを整える働きをしてくれます。

また、コラーゲンには細胞同士を連結させて栄養素を取り込んだり、老廃物を外に出すための経路をつくる働きなどもあります。肌の新陳代謝の多くのプロセスにコラーゲンが関わっているとも言えます。

コラーゲンの量が十分に足りていれば、肌は正常にターンオーバーを繰り返していきますので、ニキビやニキビ跡が治りやすくなります。

ニキビ肌はどう変わる?

コラーゲンには、外から化粧水や美容液などを使ってカバーする方法と、ゼリーやドリンクを飲んで内側から補給する方法の二通りがあります。

乾燥肌による大人ニキビができてしまった場合には、体の中にコラーゲンが足りていない可能性がありますので、サプリメントやドリンクなどを使ってコラーゲンを補うと良いでしょう。

肌の乾燥が心配な場合は、化粧水や美容液からコラーゲンをプラスして、内と外のダブルでコラーゲンを補給する方法もおすすめです。

反対に、10代から20代にかけての若い人が抱える「思春期ニキビ」や、男性に多くみられる「オイリー肌ニキビ」については、コラーゲンの補給のしすぎでかえって皮脂分泌が盛んになってしまう可能性がありますので、無理にコラーゲンを補わずに、別の方法で対処をすることをおすすめします。

コラーゲンの摂取目安量は一日につき3000mg~10000mg程度と言われていますが、上記のように思春期ニキビやオイリー肌ニキビについては、摂取目安量を厳守する必要はありません。

コラーゲンはタンパク質の一種なので、過剰に摂取するとカロリーの摂りすぎになったり、体調不良の原因になる場合もあります。

ニキビ肌と上手に付き合うためには、コラーゲンだけでなくその他の栄養素や生活習慣も関わってきますので、生活環境を整えることも意識しておきたいポイントです。

口コミでわかった!オススメのコラーゲンサプリをピックアップ!>>

もっと体がよろこぶ!吸収量のよいコラーゲンサプリメント