HOME » コラーゲンの選び方&摂り方ガイド

コラーゲンの選び方&摂り方ガイド

コラーゲンは様々な種類があり、どれを選ぶか、どのような栄養素と一緒に摂るか、摂取するタイミングなどによっても効果が違ってきます。ここでは、コラーゲンの選び方や摂り方の知識を紹介しています。

コラーゲンは選び方と摂り方が大事

コラーゲンをせっかく摂るのなら、効果的に摂りたいところですが、コラーゲンは摂り方次第で良い効果が得られたり、得られなかったりするんです。

こちらで紹介している選び方や摂り方を参考にして、自分にあったコラーゲンを見つけてくださいね!

低分子コラーゲンと高分子コラーゲンの違い

人体を作っているコラーゲンは19種の型があり、体内で生成される以外のコラーゲンは、ゼラチン、コラーゲンペプチド、トリペプチドコラーゲン、アミノ酸混合物など4種類のコラーゲンがあります。

コラーゲンの分子量は約30万個で、分子量1万個以下のコラーゲンは低分子コラーゲン、1万個より多いものは高分子コラーゲンに分類されます。低分子化されたコラーゲンは分解される手間がかからないので、すぐ腸壁から吸収されるというメリットがあります。また、高分子コラーゲンは吸収される過程で低分子化されるので効果が表れるまで時間がかかりますが、体内にとどまる時間が長く効果が長く持続します。

「低分子コラーゲンと高分子コラーゲンの違い」について詳しく知りたい方はこちら>

一緒に摂りたい栄養素

年齢とともに減少するコラーゲンをすべて食品から摂取するには限界があります。そのため、コラーゲンサプリなどを取り入れている方も多いですよね。ビタミンCやエラスチンなど摂取効率を高めてくれる栄養素とともに活用すればさらに効果がアップします。

「一緒に摂りたい栄養素」について詳しく知りたい方はこちら>

食事で摂るとしたら?

皮膚や骨などを構成し人間にとってなくてはならないタンパク質であるコラーゲン。コラーゲンを多く含む食べ物には高級食材フカヒレ、鶏の手羽、海老、ウナギなどがありますが、消化、吸収段階で分解されてしまうのでサプリメントなどで摂ったほうが効率的に摂取できます。

「食事で摂るとしたら?」について詳しく知りたい方はこちら>

おすすめの摂取タイミング

コラーゲンは、毎日摂る、夜寝る前に飲む、昼間に摂るなら食品の栄養素と一緒に摂ることをおすすめします。朝摂取するのは、せっかく摂ったコラーゲンがあっという間に消化されてしまうので、効果を発揮しきれないことがあり、あまりおすすめできません。

「おすすめの摂取タイミング」について詳しく知りたい方はこちら>

粉末コラーゲン簡単レシピ(パウダータイプ)

オレンジゼリー、コラーゲン鍋、煮物など、どんなお料理にもあっという間に溶けて、とても使いやすい粉末コラーゲンを使った簡単なレシピを紹介しています。コーヒー、ヨーグルト、ジュース、味噌汁、スープに入れるのもお手軽でおすすめです。

「粉末コラーゲン簡単レシピ(パウダータイプ)」について詳しく知りたい方はこちら>

もっと体がよろこぶ!吸収量のよいコラーゲンサプリメント