粉末コラーゲンの効果について

コラーゲンパウダーは摂っても意味がない!?

粉末コラーゲンの肌への効果とは

2017年3月1日NHKの「ガッテン!」でコラーゲン特集が放送されました。※1

番組内では40~60代の女性6人に以下の条件で実験が行われました。

  • 純度100%の粉末コラーゲンを1日5g摂取する

4週間後に肌の状態を測定すると、水分量とシワの量が減った人が半数の3人という結果に。

結果が出なかった人は、肌のダメージが少ないと結論付けられました。

京都大学の佐藤健司教授によると今までコラーゲンは全て胃や腸で分解されると考えられてきましたが、分解しきれなかった断片(コラーゲンペプチド)が体内に吸収されることが判明したそうです。分解しきれなかったコラーゲンの断片と乾燥や日焼け、怪我、関節痛などの何らかのダメージの2つが合わさると吸収されます。そのため、効果を感じなかった残りの3名は、肌のダメージが少なかったと言えます。

番組内で取り上げられたコラーゲン粉末は「ニッタバイオラボ」の商品のようですが、製造元の新田ゼラチン株式会社によると更に興味深い実験結果を知ることができます。

5gのコラーゲンを水に溶かし8週間摂取する実験を行ったところ、コラーゲンを摂取したグループのほうが、水分量と隠れシミの改善が見られたという報告があります。※2

今までコラーゲンを摂っても効果がないという声もありましたが、必ずしもそうとは言い切れないことがわかりました。

傷や床ずれの改善も

また、傷の回復へのアプローチも見込めるようで、同番組のスタッフさんが腕につけた傷で試したところ、コラーゲンを摂取をした方が治りが早いという結果が出ました。

他にも、日本褥瘡(じょくそう)学会が今年8月に改編発行した「褥瘡予防管理ガイドライン(第4版)」によると、褥瘡患者さんに有効な栄養素として「コラーゲン加水分解物」(コラーゲンペプチド)が加えられています。

京都大学医学部付属病院でもコラーゲンペプチド100%の粉末を褥瘡患者さんのケアに使用しているそうです。※3、4

コラーゲン摂取後に断片が残っていることと肌へのダメージがあることが前提ですが、美容効果をはじめとした皮膚や関節の修復に期待できる成分と呼べるのではないでしょうか。

粉末コラーゲン5商品の調査結果はコチラ!!>>

もっと体がよろこぶ!吸収量のよいコラーゲンサプリメント