おすすめの摂取タイミング

せっかくコラーゲンを取っても効果がなければ無意味です。サプリメントの中には大量のコラーゲンが配合されているものもありますが、多く摂れば効果があるのでしょうか?またコラーゲンの1日摂取量はどのくらいで、いつ摂取すれば効果的なのでしょうか?

コラーゲンの摂取量は?

サプリメントに配合されているコラーゲンペプチドの分子量の大きさによって、摂取量の目安が異なります。近年、コラーゲンの働きの中枢がヒドロキシプロリンを含むペプチドであるということが確認されています。豚由来コラーゲンペプチドは、魚由来コラーゲンよりもヒドロキシプロリンが2倍近く含まれているため、少量でも効果があります。

さらにアミノ酸が2つ繋がったジペプチド、3つ繋がったトリペプチドの状態まで分解されているのであればさらに半量で効果があります。豚由来コラーゲンジペプチド、トリペプチドなら2g、豚由来コラーゲンペプチドなら4g、魚由来コラーゲンジペプチド、トリペプチドなら4g、魚由来コラーゲンペプチドなら8gが摂取量の目安となります。

コラーゲンはいつ飲むと効果的?

1日のうち、いつ飲めばより効果が表れるのでしょうか?せっかくコラーゲンを摂るなら、しっかり吸収される時間帯に飲むことを心がけましょう。

毎日続けて飲む

数日間摂取しただけでは効果がわからない場合があるので、毎日続けて飲むようにしましょう。サプリメントで摂るなら規定量を守って摂取することが大事です。最近は1週間おきに飲むタイプのサプリメントもありますが、基本的にコラーゲンは毎日、継続して摂取することで効果が出ると言われています。毎日の忙しさの中では忘れてしまいがちなので、食事のタイミングで一緒に摂る、お風呂上りの飲み物に入れるなど、自分の生活に取り入れて習慣にすることをおすすめします。

夜寝る前に飲む

自分が飲みやすい時間帯に摂取することが長く続けるコツですが、できれば夜寝る1~2時間前に摂取すると、より効果的です。成長ホルモンが活発に分泌され、肌の代謝がアップする時間帯は夜の22時~深夜2時といわれています。22時前にコラーゲンを摂り、しっかり睡眠を取ることでコラーゲンを効果的に吸収することができ、翌朝はお肌のハリと弾力が実感できます。

食事に含まれている栄養素と一緒にとる

昼間に摂るなら食事に含まれる栄養素やビタミン類と一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。

コラーゲンの摂取に向かないのはいつ?

コラーゲンを朝摂取するのはあまりおすすめできません。日中は活動量が多く、消化が早いためせっかく摂ったコラーゲンがあっという間に消化されてしまい、うまく活用されないことが多いからです。 また昼間も朝と同様、活動量が多いため、すぐに消化されてしまい、せっかくの効果を発揮しきれないことがあります。

昼間に摂る場合は、食事時などにし、食事に含まれる栄養素やビタミン類と一緒に摂るようにしましょう。特に水溶性ビタミン類は身体にとどまっている時間が短いので、あまり食事と時間をあけずに摂ることをおすすめします。

口コミでわかった!オススメのコラーゲンサプリをピックアップ!>>

もっと体がよろこぶ!吸収量のよいコラーゲンサプリメント