コラーゲンの口コミ調査 HOME » コラーゲンにまつわるQ&A » コラーゲン摂取で太るという噂と真実

コラーゲン摂取で太るという噂と真実

コラーゲンは肌の弾力やきめ細かさ、そしてハリを保ってくれることに一役買ってくれています。

しかし、コラーゲンを摂取することで太ってしまうという噂があるのも事実。ここでは太ってしまう噂の真相について見ていきましょう。

コラーゲン摂取で太ることはない

結論から言うと、コラーゲンの摂取で太ることはありません。

コラーゲン自体のカロリーは低い部類に入るため、大量に摂取したとしても太るものではありません。

安心して適度に摂取し、綺麗な肌を手に入れたいところです。

なぜ太るという噂があるのか?

なぜこのような噂が出てしまったのか…気になるところです。

先ほど、コラーゲンでは太らないとお話をしましたが、摂取の仕方によっては太ってしまうケースもあります。これが噂の真相になります。

そもそもコラーゲンとは非常にプルプルとしている成分です。残念ながら、このプルプル感が「見るからに脂肪分が多そう」という誤解を招いているのです。

コラーゲン自体は脂肪ではなくタンパク質です。これが正しく理解されていないため、噂が立ってしまっている状況とも言えるでしょう。

コラーゲンで太ると言われてしまっている食品とは?

コラーゲンを摂取しようとしたとき、どうしてもカロリーが高い食品と同時に食べることになってしまいます。

  • うなぎ:100gで300kcal
  • フカヒレ:100gで350kcal
  • スペアリブ:100gで350kcal

いずれもコラーゲンが多く含まれていると言われている食品です。ほかにもコラーゲンを多く含んでいる食品はありますが、どれもカロリーが高くなってしまう状況。

この結果からも「太りやすい」という噂が立ってしまっているのです。

摂取効率の悪さが太る噂の起因となっている

コラーゲンで太ってしまうと言われているのは、カロリーが高い食品と摂取するだけの話ではありません。実は、コラーゲンは摂取効率が非常に悪いことで有名です。

言い換えると、十分なコラーゲンを摂取するためには、多く食材を口にしないといけないことになるわけです。[注1]

カロリーが高い食品で多くのコラーゲンを摂取するとなると、比例して太ってしまうことは言うまでもありません。

また、食品ではなくコラーゲンそのものを摂取する場合、コラーゲンには味がないため、砂糖など甘味料などで食べやすくすることも多いです。

その結果、多く摂取しようとすると過剰な甘味料摂取に繋がり太ってしまうのです。

[注1]栄養学雑誌 70巻 2号:20代から50代日本人女性における食事由来
コラーゲン推定摂取量の特徴[pdf]

太らず上手にコラーゲンを摂取する方法とは?

コラーゲンを簡単に摂取できるサプリメントやドリンクを利用することでこの問題を解消することができます。

例えば、コラーゲンドリンクは40~100kcal程度のカロリーとなっているため、よほど過剰摂取をしない限り太ることはありません。

また、コラーゲンサプリメントに関しても、カロリーは100kcal以下の場合が多いため、こちらも太ることを気にせずに効率的に摂取することができます。

サプリメントの場合

価格:30日で800円~3,000円程度

サプリメントなら多くの食品で摂取しようとするよりも、太らず、安く済み、効率的にコラーゲンを摂取することができると言えるでしょう。

もっと体がよろこぶ!吸収量のよいコラーゲンサプリメント