身体レベルを上げる

コラーゲンには筋肉や関節などを守り強くする働きがあり、身体レベルを向上させて運動効率を上げる働きが期待できます。

運動をスムーズに行うために、コラーゲンの摂取は欠かすことができません。こちらでは、コラーゲンと身体レベルの関係、コラーゲンの摂取方法などについて紹介します。

コラーゲンと肉体の関係

コラーゲンは繊維状のタンパク質であり、体の骨や皮膚組織、内臓、血管などあらゆる部位に存在しています。体にあるすべてのタンパク質の3分の1を占めると言われており、人体の弾力性をアップして、柔軟性を保つ力を持っています。

骨を例に挙げると、骨はコラーゲン層にカルシウムなどの物質が沈着してできあがっています。例えると、建物の鉄骨がコラーゲン、その隙間を埋めるコンクリートがカルシウムの役割です。骨の強化にはカルシウムが良いと言われますが、基盤となるコラーゲンが不足していると、カルシウムの定着率は下がってしまいます。

関節についても同様で、動きの起点となる筋肉の膜などにもコラーゲンがたっぷりと含まれています。さまざまな関節の動きを支持するためには、コラーゲンの力が必要不可欠となります。

コラーゲンはビタミンなどの力によって自動的に体内で生成されますが、年齢とともに合成量が減ってしまうため、外からコラーゲン食品などを使って継続的に摂取しなければなりません。

コラーゲンを摂取し続けるということは、体の基礎を強くし、運動や作業などの効率を上げたまま維持するのに役立ちます。

軟骨の減りを抑えたり、関節をなめらかに動かすためにも、コラーゲンの力が必要不可欠です。特に急激な曲げ伸ばしを行う関節部分には、コラーゲンが多く含まれていますが、逆にコラーゲンが減少すると弾力性がなくなり、曲げ伸ばしに支障が生じてきます。

末長くスムーズに体を動かすためには、コラーゲンを継続して摂取し続けることが大切です。

コラーゲンが身体レベルを上げる

コラーゲンは筋肉や骨などあらゆる組織に存在し、柔軟性を高めています。逆に言えば、コラーゲンが減少することで急激に体内は弾力を落とし、体が動かしづらくなる「老化」現象が起きやすくなります。

筋肉の収縮性や、軟骨の柔軟性などにも深く関わっていますので、コラーゲンを摂取することが身体レベルの向上につながると言えるでしょう。

体にかかるあらゆる衝撃は、筋肉や脂肪だけではガードすることができません。柔軟に体を動かすためには、見えないところで土台となって支えてくれるコラーゲンの力が重要になります。

実際に行われた「老化の原因究明実験」でも、コラーゲンを摂取することによってアンチエイジングに成功したという例がみられます。

コラーゲンを摂取し、さらに体内で新しいコラーゲンを合成することができれば、細胞の活性化や老廃物の排出、各部位の修復力アップなどが期待できます。これらの機能によって、運動能力や健康機能が高まるため、身体レベルの向上が期待できるのです。

コラーゲン摂取はサプリがおすすめ

コラーゲンの摂取にはさまざまな方法がありますが、もっとも非効率的とされるのは食品からの摂取であると言われます。

コラーゲンを多く含むとされている食品には、魚のヒレや肉類などが挙げられます。しかしこれらの食品から、一日のコラーゲンの必要量である3gから10gを摂取しようとすると、大量に食品を口にしなければなりません。

さらにコラーゲンを含む食品には、脂質が多く含まれている傾向にあります。そのため、脂肪の吸収量が多くなり、肥満につながりやすいという問題もあります。

これらの問題を解決するには、コラーゲンの一日分の必要量を配合したサプリメントがおすすめです。手軽に口にでき、持ち運びも楽で消化吸収に負担がかかりません。

食品のようにカロリーの摂りすぎになる心配もないため、安心してコラーゲンを継続摂取することができます。

口コミでわかった!オススメのコラーゲンサプリをピックアップ!>>

もっと体がよろこぶ!吸収量のよいコラーゲンサプリメント