ケガの予防・回復に効果大

身体を作り出す成分であるコラーゲンは、ケガの予防や回復にも効果を発揮します。コラーゲンを多く含む食品とともにその理由を紹介していきます。

ケガ回復や予防に効果的なコラーゲン

ケガを予防したり大きなケガを軽症ですませるためには、日常の体調管理だけでなく筋力、骨、腱などを強化することが大切です。

コラーゲンは美容のための栄養素と思っている方が多いですが、コラーゲンの成分はほとんどがタンパク質。体内に存在するコラーゲンは、全タンパク質量の約30%を占めています。そして体内で関節、骨、腱、じん帯などの結合組織の材料となり、細胞と細胞を繋ぎとめるという役割をしています。

骨の材料としてはカルシウムがよく知られていますが、骨はコラーゲンの網目の中にカルシウムが入って形成されたものです。コラーゲンは骨の材料となって関節の動きをスムーズにして、免疫力を上げて骨折、捻挫、アキレス腱のケガの回復などに効果的な力を発揮します。

ケガを100%予防することは難しいですが、食事やサプリメントで必要な栄養素を摂るのは簡単。免疫力を上げ、バランスの良い筋肉をつければケガのリスクを下げることができます。

コラーゲンを多く含む食品

【動物性食品】

手羽先、牛すじ、豚足、鳥の皮、豚バラ肉

【海洋性食品】

フカヒレ、すっぽん、ウナギ、エビ、魚の皮、カレイ、くらげ

【その他の食品】

ゼラチン、ゼリー、プリン、杏仁豆腐

ビタミンCを多く含む食品

レモン、ブロッコリー、アセロラ、苺、柿、黄色ピーマン

コラーゲン摂取はサプリがおすすめ

コラーゲンは食事を摂ることによって体内でタンパク質から合成されますが、コラーゲンそのものを積極的に摂取すれば体内のコラーゲン合成力がより高まります。コラーゲンを多く含む食品として、フカヒレや牛すじなどがありますが、だからといってこれらを毎日食べるというのは困難なこと。十分な量を継続して摂取するため、サプリメントを上手に取り入れることをおすすめします。体内のコラーゲン合成に不可欠なビタミンCも合わせて摂ればさらに効果的です。

【口コミあり】配合量と吸収力が高いおすすめのコラーゲンサプリを見る!>>

もっと体がよろこぶ!吸収量のよいコラーゲンサプリメント